私達の取組みイメージ

私達の取組み

運営方針・ヘルパーとしての取組み事項

視覚障がい者専門ガイドヘルプ運営方針

スタッフイメージ

1.NPO法人ガイドヘルプ あいサポートでは、利用者様が、居宅において自立した日常生活または、社会生活を営むことができるよう、利用者様の身体その他の状況及びおかれている環境に応じて、入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除などの家事、また外出時における移動中の介護(同行援護)並びに、生活等に関する相談及び助言その他の生活全般にわたる援助を適切かつ効果的に行うものとします。

2.居宅介護等の実施に当たっては、利用者等の必要な時に、必要な指定居宅介護等の提供が出来るよう努めるものとします。

3.居宅介護等の実施に当たっては、地域との結びつきを重視し、利用者等の所在する市町村、他の指定障がい福祉サービス事業者、指定相談支援事業者、指定障がい者支援施設その他の福祉サービスまたは、保険医療サービスを提供する者との密接な連携に努めるものとします。

4.前3項のほか、障がい者自立支援法(平成17年法第123号)、及び「障がい者自立支援法に基づく指定障がい福祉サービスの事業等の人員、設備及び運営に関する基準」(平成18年厚生労働省令第171号)に定める内容のほか関係法令などを遵守し、指定居宅介護を実施するものとします。

サービスのご利用開始について


※まずは、お気軽にお電話ください。

1.居宅介護・同行援護について介護給付支給決定を受けた方で、当事業所のサービス利用を希望される方は、電話等でご連絡・ご相談ください。サービス提供に係る重要事項についてご説明させていただきます。


2.サービス利用が、決定した場合は、契約を締結し、居宅介護計画・同行援護計画を作成して、サービスの提供を開始いたします。契約の有効期間は、介護給付費支給期間と同じです。ただし、引き続き至急決定を受け、利用者からの契約終了の申し出がない場合は、自動的に更新されます。


3.居宅介護・同行援護の提供にあたっては、適切なサービスを提供するために、利用者の心身状況や生活環境、他の保険医療サービスまたは福祉サービスのご利用状況等を把握させていただきます。

サービスご利用に際し留意していただきたいこと


1.原則として、サービスご利用希望日の1週間前までには、ご依頼ください。


2.ヘルパー・ガイドスタッフとの直接連絡については、ご遠慮ください。


緊急時の対応方法について


※サービス提供中に、利用者様の容体に急変があった場合は、主治医に連絡するなど必要な処置を講ずるほか、ご家族様が不在の場合等、必要に応じご連絡可能な緊急連絡先を必ずお知らせください。

ガイドヘルパーの禁止行為について


・利用者に対する暴力等の虐待行為

・身体拘束その他利用者様の行動を制限する行為(緊急時などやむを得ない場合を除く)

・利用者様の同居家族に対するサービス

・利用者様の日常生活の範囲を超えたサービス(庭の手入れやペットの世話等)

・利用者様またはご家族の金銭、預金通帳、証書等の預かり行為

・利用者様またはご家族からの金銭、物品、飲食の授受

・利用者様の居宅での飲酒、喫煙、飲食

・医療行為

© 2014-2018 視覚障がい者の同行援護(浅草・東京都台東区) | NPO法人ガイドヘルプあいサポート